インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

広い宇宙に地球人しか見当たらない50の理由

広い宇宙に地球人しか見当たらない50の理由―フェルミのパラドックス

広い宇宙に地球人しか見当たらない50の理由―フェルミのパラドックス

 


  id:suikanさんおススメの『小惑星衝突―最悪のシナリオをいかに回避するか?』という本がおもしろくて一気に読み終え、このところにわかに宇宙づいている。で、いろいろ買い込んできては読んでいるのだが、この本もおもしろかった。
  これは「フェルミパラドックス」に関する本。「フェルミパラドックス」というのは物理学者のエンリコ・フェルミが提出した有名な問いで、「この宇宙にある地球以外の文明の数を推定するとそこそこの数になるのに、つまり理論上は地球外の知的生命体(つまりエイリアン)がたくさんいそうなのに、これまでのところそれを実証する確たる証拠はひとつも見つかっていない――いったいみんなどこにいるのか?」というものだ。
  この逆説(パラドックス)に対して、この本では「彼らはもう来ていて、ハンガリー人だと名乗っている」というジョークレベルのものを皮切りに、宇宙論・確立論・進化論・物理学・天文学・生物学・数学・社会学・心理学から文学(SF)まで総動員して、さまざまな角度から検討した「解」を50通り紹介している。
  実にいろいろな人がさまざまな方法や論理で、あるいはさまざまな想像力を働かせてこの難問に挑んでいるのだなあ。かなりおもしろくて、地下鉄の駅を二度ほど乗り過ごしそうになってしまった。しかも最後に紹介されている著者自身の「解」もまた……なんとも粛然とさせられる。
  こういう想像力の桁が外れたような話を次々に聞かされていると、仕事や生活上のささいなことなどホント取るに足らないなあと思えてくる……とすぐに教訓めいた話に持っていきたくなる私はやはり文系(笑)。