インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

いのっち似

  このあいだインタビュー通訳の仕事をしたクライアントさんからCDが送られてきた。ぽちさんが八月二十四日のエントリーで「いのっち似」と評されている、台湾の歌手。たしかに「いのっち似」だ。以前はネット上で周杰倫が「いのっち似」という意見をいくつか見かけたが、この歌手はさらに「いのっち似」だ。
  「いのっち似」は決して典型的なハンサムでも美形でもないのだが、なぜか女性の心をくすぐるものがあるんだそうだ。ふうん。確かにご本人は「腕白」という言葉がぴったりくるような“陽光男孩”でありました。