インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

さでぃすてぃっくなのみかい

  一昨日は英語の達人二名と中国語の達人二名という女性ばかりのグループに混ぜてもらって、新宿一丁目にあるとある居酒屋にて「利き酒会」。ここの店主が日本酒に凝りまくっているそうで、店主オススメの日本酒を次から次へと有無をいわさず飲まされ、講釈を聞かされ、渡されたフォームに寸評を書かされるというサディスティックな趣向。なかなか非日常でよろしい。
  最初にビールでほんの少し喉をしめらせるところから「ビールのつぎ方も知らない奴ら」と罵られる。す、すみません。おつまみはもちろん店主の意向に従って出される。他のオタク的利き酒会参加者と相席のうえ、ワインの品評会みたいな「ズズズズッ」と音を立ててすすりながらテイスティングする方法を伝授され、「ま、素人にはなかなかできないだろうけどもよ」。は、精進いたします。おまけに帰る時刻には外がどしゃぶりの大雨で、地下鉄の駅まで全力疾走でずぶぬれに。
  日本酒は全部で十種類以上出され、同じ銘柄の原料米違いとか、発泡しているシャンパンのような日本酒とか、なかなか珍しい体験をさせてもらった。最後に出た高菜のチャーハンもなかなか。おいしかったけど、もう一度参加したいかと問われれば……微妙(笑)*1
  昨日の昼間は私用で上京されたid:moli-xiongさんと会って世間話をする。夜に別件で人と会う約束がしてあったので、ほんの三時間ほどしかおつきあいできなくってすみません。次は鴨食べにいきましょ、鴨。

*1:いやこのビミョーって、便利な表現だなあ。