インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

惡法亦法。

政府機関の不合理な要求に対して、不満を隠せない日本側。それに対して台湾側が“惡法亦法”と言っていた。「悪法であっても法律は法律です」ということ。ソクラテスか。この政府機関は法律の解釈権を持っているので、その指示は法律と同様の強制力がある。それにたてつくことは許されない、ましてや外国企業ならなおさら、ということらしい。
う〜ん、私は通りすがりの通訳者だが、それはやっぱりおかしいんじゃないのかなと言いたい。台湾にだって行政裁判はあるんだけれど。