インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

香烤豆酥海鯛

左上は小松菜の“蛋黄(アヒル卵黄の塩漬け)”和え、その下がニンジンとジャガイモのパテ風蒸し物、その下がコールスロー。真ん中は洋風のトマトスープ。ランチョンマット代わりのすだれも渋い。映画を観る前にワーナーのシネコンの上にある“浮力森林”で食べた定食。鯛の“清蒸”にネギを乗っけて熱い油を回しかけたやつだ。あたり。すごくうまい。これで250元(約900円)は安い。コーヒーとケーキもついておなかいっぱい。