インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

黑松大飯店。

Heisong.jpg “黑松”というのは台湾で最もポピュラーな飲料メーカー(http://www.heysong.com.tw/)。“黑松沙士”というコカ・コーラのようなドクター・ペッパーのような飲料をはじめ、様々なソフトドリンクを戦前から作っている歴史のある会社だ。
“黑松大飯店”は、路上でよく開かれている結婚披露などの宴席(id:QianChong:20040620)のことを指す。これはこうした宴席を請け負う仕出し業者の使うテントに、スポンサー名として必ずといっていいほど“黑松”の名前が刷り込まれていたことからきているらしい*1。なんだかとても庶民的でユーモラスな表現。

*1:現在はずいぶん少なくなっているそうだ。