インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

『働くことがイヤな人のための本』(中島義道/新潮文庫/2004年)を読む。思いっきり後ろ向きな題名だが、なにしろあの『うるさい日本の私』や『私の嫌いな10の言葉』の中島義道氏だ。思わず手に取ってしまう。いったいに、私は『君たちはどう生きるか』(吉野源三郎/岩波文庫)みたいな本が好きなのだ。その内容に共感するにせよ、突っ込みを入れるにせよ。
結論から言うと、この本の解説を書いている斎藤美奈子氏同様、私も全体としては理解しにくかった。ただ、この社会は理不尽にできているということ、人には頭の善し悪しや才能のあるなしが歴然とあるということ、死んだら無になるということ、そして「引きこもり」というのは実は傲慢の裏返しであることなどが随所に読み取れて、共感する部分は多い。あっという間に読み終えた。