インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

zongzi.jpg今日は炎天下で通譯をしていたのでさすがに疲れ果て、コンビニもので濟ませる。とはいえ、近所のセブンイレブンで買ってきたのは、ただいま絶贊發賣中の“端午名店粽”シリーズ。けっこういい値段しているが、笹に包まれた本格的なちまきでおいしい。
Xin.jpgこれと“辛라면”。これは臺灣で買ったのだけれど、袋の全面にハングルが書かれているから、韓國からの直輸入品らしい。これが日本で買う「辛ラーメン」とかなり違って、ものすごく辛い。スープを全部入れるととんでもないことになるので三分の二くらいにして、野菜や卵を入れたりするのだが、それでも私にはちょっと。日本向けのはかなり辛さを抑えてあるのだろうなあ。
大陸に留學しているとき、一時期寮のルームメイトが韓國人だった。彼に教わったところによると、「辛ラーメン」は麺とかやくとスープを最初から全部入れてぐつぐつ煮るのが正解なんだそうだ。日本のラーメンはたいがい、先に麺をゆでて火を止めてからスープ、というのが多いが。