インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

她變成一個蠟人。

《自由時報》の文芸欄から。この新聞に限らず、台湾の新聞紙はどれもカラフル。ほとんどの頁が四色刷(つまりオールカラー)で、レイアウトも雑誌に近い大胆さだ。特にこの《自由時報》の文芸欄《生活藝文》は毎日様々な趣向が凝らされていて楽しい。デザインの卓抜さで何度もSND(Society for News Design/米国ニュースデザイン協会)の賞を獲得している。
“她變成一個蠟人。”……「蝋人形になってしまった」とはまたおもしろい表現。文章全体は“她遇見一個男子,深邃的雙眸與迷人的微笑,立刻,她變成一個蠟人”。「男の子の吸い込まれそうな眼差しに心奪われる笑顔。彼女は射すくめられたように動けなくなってしまった」といったところ(ダメだ〜、こういうのはうまく訳せない〜)。