インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

desktop.jpg午前午後合わせて六時間ほどの技術会議、逐次通訳。先日嘉義への出張の際に、リハーサルとして一度訳している内容なので、比較的余裕を持って訳出できる。ただ質疑応答などで話が込み入ってくるとやたら英語を使いたがる技術者もいて、私は英語が得意じゃない上にみんな発音がかなり自己流なので、聞き取るのに苦労する。
今日はいつもと違う会議室だったので、記念に机の上を撮影してきた。真ん中のマイクは発言する際に緑のボタンを押すとマイクヘッドのランプが赤くついてスピーカーにつながる。会議室全体で同時に二本しかつながらないようになっていて、これはもちろん大勢の人が好き勝手にしゃべらないようにするためだ。
マイクの右隣が電子辞書、その手前がメモ帳。その横は今日のために作った単語集。マイクの左隣はデジタルレコーダーとレーザーポインター。その他今日の会議のレジュメなど。