インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

周杰倫

橋段

通訳教材用のインタビュー音声をディクテーションしていたら、“橋段”という言葉が出てきた。ドラマなどの“劇情”や“情節”(ストーリー)、あるいは「場面」くらいの意味だ。“段”というくらいだから、たぶん京劇あたりから出てきた言葉だろうと思って調べてみ…

唱得很搞怪

近々友人数名とマイク103にカラオケを歌いに行く予定。今回友人から指定された課題曲は周杰倫(ジェイ・チョウ)の『屋頂』、それと自分で自分に指定した課題曲に同じく周杰倫の『鬥牛』、いずれも密かに練習中。 『屋頂』は周杰倫が温嵐(ランディー)に提…

新譜?

ホントだとしたら、今回はまたえらく早いね。 http://219.136.249.2/blog/listContent.jsp?top=1&lock=0&wale=0&tid=1536&tpage=2&bid=2&isWale= http://www.hmv.co.jp/news/newsdetail.asp?newsnum=607030045

あああっ!

ミクシィに「青じそドレッシングのCM曲は、周杰倫の『麥芽糖』?」という話題が載っていて、ああそういえば、と思う。 うろ覚えだが、リケンのCMで『麥芽糖』のイントロのようなメロディが流れていたような気がする。リケンのHPではまだこのCMが公開されてい…

七里香のカバー

今日調べものをしていて偶然知ったのだけれど、大陸のアイドル・張含韻(クリスティ・チャン)が周杰倫(ジェイ・チョウ)の『七里香』をカバーしてんのね。へえ。アレンジはオリジナルと全く同じ。でも女声に合わせて若干キーが高く、物憂げな歌い方。新鮮…

無與倫比日本演唱會

別にライブにゃ興味ないから、などと言っていたのだが、ジェイ好きの友人から誘いを受けて「じゃあ、行ってくるか」的不真面目な態度で東京国際フォーラムに向かう。 友人は「下町の東急ハンズ」ことシモジマで蛍光スティックをどっさり買い込んできており、…

無與倫比日本演唱會

……が来年二月に東京国際フォーラムで開かれるんだそうだ。 http://www.diskgarage.com/play/00052858.html 台湾でチケットを買っておきながら仕事で行けなかったので、今回こそと思ったが、でも人が多いんだろうなあ、騒がしいんだろうなあ、ご本人は豆粒く…

髪如雪

狼牙月 伊人憔悴 我舉杯 飲盡了風雪 是誰打翻前世櫃 惹塵埃是非 “狼牙月”は読んで字のごとく、牙のように鋭く細った三日月。“伊人”は古風な言い方で「あの人」、もっと具体的には「思いを寄せる女性」。寒々とした月を見上げて彼女は憔悴……というより、まあ…

麥芽糖

勝手に歌詞を解釈する「ジェイ祭り」は続く。 これはまた『夜曲』とはうって変わり、明るくて楽しい曲。『麥芽糖』というタイトルがまずキュートだ。「サワディッカー」や「ポムラックン」などというタイ語が合いの手に入っていることからして、タイの農村風…

夜曲

こないだ出張から帰ったら、注文しておいた周杰倫の新譜『十一月的蕭邦』が届いていた。年に一度の「ジェイ祭り」、まずは最初の『夜曲』から聴く。な、なんですかこの歌詞は……。 ショパンの『夜曲*1』といえばあまりにも有名で、「定番」(?)の二番・変ホ長…

晴天

これまで聴いた周杰倫の曲のなかで一番気に入ったのがこれ。『七里香』と同じでテンポがゆっくりなので、まともに歌える。ラップもあるけど、かなりゆっくりだからついて行ける(笑)。作詞・作曲ともに周杰倫。 故事的小黄花/從出生那年就飄著 童年的盪鞦…

七里香

ここ数日、頭の中で周杰倫『七里香』のリフレインが止まらない。テレビでもよくMVが流れているから、朝うっかり見ようものなら、その日の「テーマ音楽」は『七里香』に決定されてしまう。この曲はラップがなく、テンポもゆっくりなので歌詞を覚えやすい。カ…