読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

得便宜賣乖

職場や会合などで、中国人同士が会話しているのを聞くのが好きだ。 好きだ……ったって、明らかに「盗み聞き」なので、決してよい趣味じゃないのだけれど、ネイティブ同士の容赦ない会話を聞くのは、リスニングの訓練になる。日本人と中国語を話す段になるや、…

傾鈴筐啷

九九という人の『跌倒的小䖝人』という短編集に、デイパックの中身を地面にぶちまける音としてこんな表現が出てくる。 我乾脆把包包裡的東西都倒出來,傾鈴筐啷掉滿地…… “傾鈴筐啷”(チンリンクァンラン)? 一瞬「ロバのパン」を連想したけれども、あれは「…

出櫃

ここだけの話、バラエティの字幕を翻訳していると、正直「こんなの訳して日本の視聴者に届けて、意味があるのかなあ」と思ってしまうことがある。芸能界の内輪受け話とか、以前のゴシップを知らないと何のことだかさっぱり分からない会話が多いのだ。もちろ…

天團

バラエティ番組で、台湾の女性三人組アイドルS.H.Eを評して“天団”と言っている。 何かと思ったら二人以上のグループやユニットでトップの人気があるということらしい。一人なら“天王”(香港の“四大天王”など)で、グループやユニットは“天団”。なるほど。 「…

爛紙餡包子

ここ数日、講師室の中国人老師たちが例の「段ボール入り肉まん」の話題で盛り上がっている。 http://www.youtube.com/watch?v=E2QYtLle5xQ いや、確かに怖い。 以前、中国食品店で売っている冷凍の“三鮮餃子”をよく買っていたのだが、七〜八年前だったか、餡…

水電工阿賢

こんなの書くと、また怪しげなトラックバックがつくかもしれないけれど……。 バラエティ番組で、某アイドルがスタッフのセクハラめいた行動を評して「“台灣水電工阿賢”かよ!」とツッコミを入れているのだが、アイドルなのにすかさずこんなツッコミをして、イ…

口條

こちらもディクテーションで拾った言葉。“口條”を辞書で引いても「タン*1」くらいしか意味が出ていないが、これはセリフ回しなどのうまさを表す言葉。“口條很好”なら、「弁舌さわやか」とか「滑舌がいい」などと訳せるかもしれない。 *1:「タン塩」の「タン…

橋段

通訳教材用のインタビュー音声をディクテーションしていたら、“橋段”という言葉が出てきた。ドラマなどの“劇情”や“情節”(ストーリー)、あるいは「場面」くらいの意味だ。“段”というくらいだから、たぶん京劇あたりから出てきた言葉だろうと思って調べてみ…

無大所謂

ポッドキャストの《反波》を聴いていたら、“無大所謂唄”と言っていた。わははは。 “無所謂(どうでもいい、こだわらない、ことさらに取り上げることでもない)”に“大”を挟み込んで強調したのだ。語気を強め、かつおどけた感じのする助詞“唄”もついているから…

不恥下問

書店でさる中国人経営者の本を立ち読みしていたら、この言葉が載っていた。「下問を恥じず」、論語の言葉だ。目下の者や後輩に聞くことを恥じない、知らないことは知らないとし、何事も謙虚な態度で学ぶ、くらいの意味(だと思う)。日本語だと「聞くは一時…

娘砲

男性が「なよなよしてる」とか、もっと直截にオカマちゃんを指すらしい。なぜ? ということで検索してみると、以下のような説明が。 娘是女人,砲是男性生殖器。 加起來是女人有男性生殖器,即是人妖。 ホントですか? というか、何でも下ネタでこじつけよう…

你會含扣嗎?

バラエティ番組で、とあるアイドルが楽屋話を披露していわく「いつも撮影用に髪をセットしているから、髪や地肌が傷んでる」。それを受けて司会者が、「じゃあヘアスタイリストに対しても“含扣”する?」と聞いているのだが、“含扣(han2 kou4)”って何? どう…

耍寶

「ふざけてないで真面目に答えろ」とでも言うべきところで“不要耍寶”と言っているのだが、“耍寶(宝をもてあそぶ?)”って何? いつもお世話になっている台湾ヤフーの“奇摩知識+”で検索してみると、以下のような解説があった。真偽のほどは定かではないが。 …

車震

“第一次? 我記得好像是在車耶(初体験? 車でだったかな)”と、まあこれは冗談で言っているのだが、それを聞いた相手が“車震啊”と叫ぶ。なるほど〜、確かに車が震動(振動)するわな。 でもお茶の間にいきなり「カー○○○○」という字幕が飛び込むのはいかがなも…

他在高中是個風靡全校的校草ㄟ。

バラエティ番組の字幕はなかなかおもしろい。ドラマだときっちり台詞ができていて、文字原稿も提供されるから純粋に翻訳だが、バラエティの場合は原稿がなく、しかもかなり自由な、というか、ど〜でもいいような(失礼)会話だから、そのぶん意外な表現に出…

不借錢是笨蛋,還錢是蠢蛋。

杉本氏の本にこういうことわざ(?)が出てくる。「金を貸すバカ、返すバカ」。私もそんなバカの一人で*1、大陸に住んでいた時は、それはもうころころっと騙されたものだ。 それはさておき、氏は有名な言葉だというのだが、不明にして知らなかった。そうか、だ…

不知谷歌之

授業終了後の『論語』勉強会、今日は私が発表する番。 インターネット上から『論語』の言葉が使われている例文をいろいろピックアップしてレジュメにした。 中でも面白かったのが、“知之為知之,不知為不知(知っていることは知っている、知らないことは知ら…

技術含量

先回の出張中、アテンドしていた中国人が繰り返し使っては爆笑していた。昨年あたりから流行っている言葉のようだ。もともとは映画《天下無賊》に出てきた“最看不起你們這些打劫的,一點技術含量都沒有”というセリフがそのルーツらしい。“沒有技術含量”とか…

五木大学

これも教えてもらった。 「今度台北に来ることがあったら“五木大学”で飲もう!」 「五木大学? 飲む?」 「日本人サラリーマンの好きな飲屋街があるだろ?」 「ああ〜“林森北路”のこと?」 「そう。だから“五木大学”」 「は?」 「“木”が五つあるじゃないか」…

ONS

OrzじゃなくてOns。タクシーで移動中に、とある台湾のゲストから教えてもらった。 「“One night stand”だよ。出会って、済ませて、バイバイ」 「ああ〜“一夜情”のこと?」 「いや、その進化形だな。“一夜情”は翌朝までだろ? Onsは本当にその場限り」 ……何を…

大清時代・北大荒(大清帝国・北大荒)

上記の本に載っていた言葉。“大清時代”は隆盛を極めた清王朝が自らを指して言った呼称、“北大荒”は文革期に青年が下放されたことでも有名な黒龍江省北部の広大な荒野。だが現在、中国共産党のトップに清華大学出身者が多く、北京大学出身者が少ないことを皮…

你現在一定覺得我很盧。

「きっと私のこと“盧”だと思ってるでしょ」って、どういうこと? これはどうやら台湾語の語彙らしい。「強情を張る」とか「聞きわけがない」とか「つまらないことにこだわる」といった感じ。そういう相手に対して「ちょっとうんざり」という気持ちを込めて“…

你怎麼這麼惜字如金啊。

“惜墨如金”ならぬ“惜字如金”。「字を惜しむこと金の如し」で、「口が重い」ということだ。“惜墨如金”は「筆無精」という皮肉っぽい意味の他に、軽々しく筆を下ろさないとか、洗練された簡潔さを追求するという意味もあるようだから、“惜字如金”は「言葉を慎…

至少跟我們哈拉兩句吧。

「俺達にせめてふたことみこと“哈拉”しろよ」ということで、ここでは“哈拉”はほとんど“説/講(言う)”だが、もっと肩の力の抜けたおしゃべり、あるいは“開玩笑(冗談を言う)”、おちゃらけたことを言う、という感じ。 “哈拉”はかなり人口に膾炙していて、ネ…

小強像蟑螂啦。

生まれてくる子供の名前をあれこれ考える父親。「『小強(シャオチァン)』なんてどうかな」という父親に、家族が「それじゃ蟑螂(ゴキブリ)みたい」とつっこむのだが、なぜ? ゴキブリは生命力が強いから“小強”という説もあるのだが、どうも周星馳(チャウ…

我女朋友要抓狂了。

「彼女が“抓狂”しそうだ」というのだが、“抓狂”って? どうやら閩南語からきた言葉らしい。怒りや悲しみで興奮のあまり自分を失う状態。なるほど、“狂”を“抓(zhua1)/つかむ”わけで、何となく分かる。ヒステリーにも近いか。さらには常軌を失した状態、いわば…

我喜歡吃大腸包小腸。

一瞬何かのイディオムかと見まごうが(^^)、“大腸包小腸(大腸に小腸を包む)”といっても何かの比喩や慣用句などではなく、台湾ではかなりポピュラーな食べ物。炭火焼きの屋台などで売ってる。 餅米で作ったソーセージ状の「土台」の中に焼いた腸詰めをはさん…

把妹

女性を追いかけること。もっと端的に「ナンパ」。「追いかける」に“把”を使うと、“追”よりもさらに軽薄な感じがするらしい。これもたぶん台湾語の語彙から来ているのだろう。“趴趴走(あちこちをぶらぶら・うろうろする)”あたりからかな? ちなみにナンパは…

小玻璃

白先勇の『孽子*1』日本語版がようやく発売になった。あらためて読み直しているのだが、原著を読んだときには読み飛ばしていたり、気付かないでいたりした様々な言葉が分かっておもしろい。やはり自分にとって中文はどこまで行っても靄のかかった風景だなと…

你是龍捲風看太多啊。

少々複雑な家庭の背景から許されぬ恋に陥っている女性が、「もしバレたら殺されるわ」とつぶやく。そこに友人がツッ込むセリフ。「“龍捲風”(竜巻)の見すぎよ」……竜巻? “龍捲風”は、陳昭榮(チェン・ジャオロン)主演の有名なドラマ。オフィシャルサイトの…

恰北北

これも女の子が友人をひやかすシーン。「○○ちゃんは、あんたみたいに“恰北北”じゃないわ」というのだが……“恰北北”?。 発音は國語ふうで“qia4bei3bei3*1”だが、これはどうやら台湾語の表現らしい。“脾氣不好”とか“愛罵人”とか、要するに『猟奇的な彼女』のチ…

騷包

恋愛中の彼氏との少々色っぽい夢を見てしまった女の子。思い出して顔を赤らめているところを友人たちに見とがめられ、「熱でもあるの?」と聞かれる。友人の一人はカンが鋭くて「絶対熱があるわ、それに“騷包”の“騷”もね」とひやかす……というシーン。「熱が…

你給我稱頭點!

僅差で負けているバスケの試合。選手の男子学生に対して、年上の彼女が「“稱頭”してみせて」と言うのだが、“稱頭”(目方)? 調べてみるとこの“稱頭”、“好看”とか“長得很帥”とか“看起來很舒服”といった意味らしい。しかも単に「カッコいい」だけじゃなくて、…

我E給你吧!

これはもう調べなくても「はは〜ん」と分かる。「メールするよ」ということだ。 この“E”、あちこちで多用されているけれど、私はあんまり好きじゃない。「好きじゃない」ったって、現地の人たちが使ってるんだから私がああだこうだ言ってもせんないことなの…

旺仔小饅頭

部活の練習中、買い出しに行くマネージャーにいろいろ頼む部員。“泡麺!”とか“餅乾!”とか“運動飲料!”に混じって“旺仔小饅頭!”などと叫ぶ奴がいる。 これはあれだな、ほれ、日本で言うと「タマゴボーロ」みたいなお菓子だ、確か。こういうのは現地に住んだ…

暗爽是會得內傷的。

コンテストに入賞したというのにあまり喜びを顔に出さない学生。その彼に向かってクラスメートがこのセリフを言うのだが……。“暗爽”は心の中でひそかに「やった〜!」と思うこと、“內傷”は内蔵疾患とか、象徴的には心の傷だから、要するに「喜びを表に出さな…

32B

デザインを学んでいる学生が、女の子に服を見立ててやるという。で、その女の子に向かって意地悪そうに“雖然你只有32B我們還是可以拯救你的”(32Bしかなくても、俺たちが何とかしてやるぜ)と言うのだが、“32B”って何? まあだいたい想像はつくが(笑)、一…

哼! 你是來踢館的嗎?

館(やかた)を“踢(蹴る)”で、これは「道場破り」だな、きっと。あるいは「道場荒らし」とか「他流試合」とか「出稽古」とか。 “歡迎各位來踢館”などとも言うようだから、武道関係だけではなく「挑戦を待つ」「ご批判ご叱責を賜りたい」という意味にも使え…

難得糊塗

ミクシィのとあるコミュニティで、これを日本語にすると何? というトピックが。コメントしている方の文体について行けなかったので(失礼)、そこにコメントをつけることはしなかったが、さて何が一番ぴったりくるだろう。 直訳すると「バカでいるのもなか…

開汽水

“汽水(サイダー・炭酸水)”の瓶を開けると「プシュッ」「シューッ」という音がするが、それから人をたしなめるときに発する「シーッ!」という音を連想して生まれた言葉らしい。 ちなみに“開汽水=喝倒彩”としてある資料もある。これだと「ブーイング」だ。…

你很兩光啦。

「俺は“陽光少年*1”だぜ」とうそぶく不良少年に、女の子が「ちっとも“陽光”じゃないわ、あんたは“両光”よ」と切り返すのだが、はて、“両光”って何? これはすぐに調べがついた。 『兩光』用來形容人,就是說這個人做事不牢靠,不負責,沒本領。 有時候『兩光…

不要再說那些五四三了。

「“五四三”なことばかり言ってんじゃないわよ」というところだが、“五四三”って何? 調べてみると“不三不四(くだらない・でたらめな)”とか“亂七八糟(でたらめな・めちゃくちゃな)”といった意味らしい。 ではなぜ“五四三”が「でたらめ」「くだらない」の…

3Q得Orz

buttwさんのところで、台湾の大学入試に「Orz」が出題された話題を知る。“哈日”もここまできたかと驚いたが、こうした表現が台湾ですんなり受け入れられるのは、きっとマンガ文化が一役も二役も買っているのだろうなあ。 額に描かれた縦線が困惑や幻滅やしら…

活力門

ライブドア。“門”はともかく「ライブ」を“活力”というのはなかなか上手だなと思ったが、ああこれ「ホリエモン」の音訳でもあるのか。“活力門(huo2 li4 men2)”→フォリーメン。今頃気づくなって?

通告/case

“通告”は日本語と同じ「通告」という意味だが、芸能界で“明天早上有通告。”などと使うと、これは「仕事」のことらしい。“臨演(エキストラ)”などが通告を受ける、つまり仕事のお呼びがかかるごとに出動して撮影にのぞむ、というあたりから“通告”=出演依頼…

雞婆

“多管閒事”、つまり「大きなお世話」ということだ。 どうして“雞婆”というのかはよく分からないが、ネット上で検索してみるといろいろ解説が見つかる。いわく「“加婆(妻を増やす・愛人を囲う)”→必要以上のことをする」からきたとか、「卵を産まなくなった“…

你這次不要再出包啦。

“出包”という言葉も、もとは軍隊用語らしい。「ミスをする」「失敗する」「面倒なことになる」といった意味だとか。で、この台詞は「今度はしくじるんじゃないぞ」というところかな。ただ字幕にすると少々長ったらしいので、う〜ん……「次はドジるな」?

菜鳥

これは手元にある『当代港台用語辞典』に載っていた。「新入り」だ。 ではなぜ“菜鳥”というのかだが、これがどうも鳩のことらしい。台湾に住んでいた時、朝晩の通勤時に車窓の風景を眺めていると、屋根の上に巨大な鳩小屋の載った家を数多く見かけた。たぶん…

腦袋秀逗!

ドラマの中で若いにーちゃんが、仲間に対して言っていた。発音を忠実に再現すると「あだましよと」(笑)。「頭、ショート」だ。 台湾で「頭、コンクリ」はよく聞いた。頭が固い、頭が悪い、はたまた狂ってるということだ。「おじさん」「おばさん」「あそび…

拉雞巴倒

今アテンドしているスポーツチームのような、大陸は東北地方の人がよく使っている。“雞巴”は男性の××で、これもまあ一種の“髒話(下品な言葉)”だが、それほど深くて重い意味はなく、単に“拉倒(放っておく)”に“雞巴”を組み合わせただけのよう。ちょっとコ…