読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

解らない人には解りはしません

白洲正子氏の『お能・老木の花』を読みました。能を紹介する本は色々と読みましたが、ここまで繊細で、かつ一種の気魄というか情念のようなものを帯びつつ迫ってくる文章は初めてでした。間に挟まれた芸談『梅若実聞書』も実に読み応えがありました。『梅若…

字幕翻訳のレートがあまりにも低い件について

足かけ十年ほど、途中休みをはさみながらも台湾エンターテインメント関係の字幕翻訳を続けてきました。ドラマやバラエティ番組、それにファンの方々が視聴するエンタメニュースなどの字幕を作るお仕事です。毎週しめきりに追われるなかなかタフなお仕事でし…

私たちのナイーブな言語観について

台湾の総統(大統領)選挙と立法院(国会)議員選挙が行われ、民進党の蔡英文氏が大統領に当選、立法院でも民進党が議席の過半数を占めるという「完全勝利」で幕を閉じました。一昨年、「反服貿」の「ひまわり学運」が立法院占拠という形に発展した際、日本…

何に旅情を感じるかについて

先日台湾へ出張した際、ホテルで朝食券をもらったんですが遠慮して、近くの「早餐店」に出かけました。このホテルには前にも泊まったことがあって、朝食はバイキング形式で豪華でもあるんですけど、なにかこう「いまひとつ」なんですよね。特に「台灣特色」…

通訳者の「向き不向き」

先日仕事の現場で、十数年ぶりの懐かしい方に再会しました。某企業のインハウス(社内)通訳者として働いていた頃ご一緒したことのある、他の企業のエンジニアさんです。当時を振り返って、こんなことを言われました。 門外漢だけど、ずっと同じ現場で同じ技…

オリジネイターに対する敬意

先週と先々週、通訳スクールの教材にこの映像を使ってみました。魅蓝note2发布会全程视频- YouTube中国のスマホメーカー魅族(メイズ)の新製品「魅藍note2」の発表イベントです。6月2日に開催されたばかりの映像がもうYouTubeに公開されていて、それを早速…

仮案件とリリース

先日、Twitterでこんなことをつぶやきました。とある通訳業務の「仮案件1」がリリースになったその日に、別の「仮案件2」が入っている日時とバッティングする形で「仮案件3」が入り泣く泣く断りましたが、この「仮案件2」だってリリースになるかもしれず…

通訳の道具1・バング&オルフセンのイヤホン

通訳の現場は毎回緊張の連続。しかもそれが、一緒にチームを組んで仕事をする「パートナー」のいる現場であればなおさらです。まだまだ駆け出しの私にとって、現場でご一緒するパートナーはいずれもこの業界の大先輩ばかりだからです。先輩通訳者のパフォー…

ディクテーションのすすめ

先日の通訳スクールでは、台湾の江宜樺行政院長の記者会見映像を訓練に使いました。その晩に統一地方選惨敗の責任をとって辞任されちゃいましたけど。いえ、単なる偶然ですが。でもって今朝の新聞には馬英九大統領(総統)も国民党の主席を辞任というニュー…

母語ではなくても推したり敲いたりできるか

台風が関東地方を直撃した昨日は、朝から都内某所でお仕事でした。私は千葉県の奥地に住んでいて、常磐線が停まってしまったら代替輸送機関を探すのはほぼ不可能な場所なので、万一を考えてお仕事の現場近くに前泊しちゃいました。格安のビジネスホテルです…

国に棄てられた人々

昨日、都内の某大学で、台湾の近現代史に関する簡単なレクチャーを行ってきました。レクチャーといっても私は台湾近現代史の専門家でも何でもないんですけど、仕事などでその地域に関わっている社会人を講師に招いて話させるという連続講座のひとつというこ…

新聞を読みましょう

通訳学校で、春学期の授業が始まりました。半年間の訓練の最初に行うガイダンスで、いつも「一般常識テスト」を行っています。と言ってもたいしたものではなく、日本と中国語圏の時事や教養に関する語彙について、口頭で簡単に説明してもらうだけです。今春…

働き方革命

私はいま「フリーランス」という働き方をしています。去年の三月いっぱいで、それまで勤めていた職場を辞めましたから、ちょうど一年経ったことになります。仕事を辞めた当初は再就職の道も考えてハローワークに通ったり、数多くの転職サイトで求人に応募し…

通訳者は「ひとりだけ門外漢」なのでぜひとも資料をいただきたいです

先々週から今週にかけて、通訳の仕事で少々忙しくしていました。といっても外に出かけるのは間欠泉的にであって、多くの時間を在宅ワークに充てているので、うちのお義父さんなんかは「あいつは全然働かねえな」と思っているかもしれません。 だいたい、通訳…

成長から成熟へ

中国人とお仕事で一緒になると、ときどき“不成熟”というお叱りを頂戴することがあります。いえ、お叱りと言っても本当に怒っているわけではなく、なかば諧謔とユーモアと老婆心を込めて「成熟してないね」とおっしゃってくれるのです。私は昔から実年齢に比…

再び「英語を学ぶ人々のために」

年が明けて、また今年も仕事を頑張ろうという気持ちの時に、よく読み返す文章があります。戦後間もない昭和二十三年二月に書かれた、中野好夫氏の『英語を学ぶ人々のために』です。中野氏は、敗戦後に人々の英語熱が急激に高まったことを「むろん悪いことで…

あれこれ考えずにはじめる

ラジオデイズで小田嶋隆氏の『タコ足ライティング・オリエンテーション「人生とビジネスに効くコラム」』を聴いていたら、「そうそう、そうなんだよね!」と膝を打ったお話がありました。 http://www.radiodays.jp/item_set/show/718 書いている時のほうが頭…

通訳者の社会的地位

昨日は通訳スクールのセミナー&公開講座でした。珍しく男性が二名も参加されていました。普段はゼロか、いてもお一人のみという回が多いです。他の言語は分かりませんが、こと中国語通訳に限って言えば、圧倒的に女性が活躍している業界です。実際に開講し…

義父と同居

フリーランスに舞い戻って四ヶ月。宮仕えを辞めた直後はぽかっと空いた時間の大きさに喜びつつも恐怖を感じて、「こんな暮らしでいいんだろうか」と思うことしきりでした。朝から晩まで「世間様並み」に働いてないと罪悪感を覚えるんですね。いや、私も立派…

『フリーズする脳』と『キャリアポルノは人生の無駄だ』

フリーズする脳 この本は脳の「ボケ」という状態を、器質的に脳が損傷を受けて起こる認知症やその他の症状とは明確に区別して、器質的には問題がないのに長期にわたる生活習慣で徐々に「ボケ」を進行させてしまう可能性という観点から解説しています。つまり…

辞書の使い方・選び方セミナー

先週都内某所で、中国語辞書の使い方や選び方について話す機会を与えられました。辞書の専門家でもなく、中国語学の専門家ですらない私には荷が重すぎましたが、まあ学習者や仕事をしてきた立場から話してくれればいいということで。予想以上にたくさんの方…

修行僧的「フリー」のこころえ

フルタイムの職を辞して約ひと月ほど。またまた時間に拘束されない自由と収入が安定しない不安がごっちゃになったフリーランスの世界に戻ってきてしまいました。以前フリーランスだった時の反省点がいくつかあるので、その轍を踏まないように気をつけていま…

春節聯歓晩会の“小品”

留学生と一緒に、今年のCCTV春節聯歓晩会で上演された“小品(寸劇)”を見ました。旧暦の大晦日に生放送され、全世界の華人が十億の単位で見るという同番組。同僚の中国人講師に言わせると「年々面白くなくなってきてる。ここ数年はほとんど見てない」という…

音声ファイルに絵をつける

音声ファイルを自由に遠隔操作できるようになったら、せっかくパワポファイルなんですから絵や写真も載せたいです。日本人学習者はおおむね中国語の文字(漢字)を読むことは得意ですが音に弱い、というより、漢字にすればすぐにわかるけれど音だけだとなか…

音声ファイルの遠隔操作

前エントリでご紹介した、音声教材を一文やワンフレーズずつに区切ったものを使うと、例えばクラスで“聴写(ディクテーション)”をさせるときなどに便利です。iPodのようなポータブルデバイスでもいいしノートパソコンでもいいですが、それをスピーカーにつ…

音声ファイルの編集

授業で色々な音声ファイル(主にmp3)を使うんですけど、使い勝手が悪くありません? 中国語だけ聴かせたいのに日本語訳が入ってるとか、「第1課、あいさつ」などとタイトルコールが入ってるとか、たくさんの例文が一つのトラックに入ってるとか、このトラッ…

今していることをおざなりにして

数日前、内田樹氏のブログに就活に関するエントリが上がっていました。ご自身もツイッター上で「暴論」と断ってらっしゃるエントリ、togetterにも賛否両論がまとめられています。 「就活なんか、するな。卒業するまでは大学生として大学での活動に全力を尽く…

退職することになりました

足かけ六年、事務局や非常勤講師をしていた頃から数えると十年以上お世話になった学校を退職することになりました。退職の理由はまあ、いろいろあるんですけど、とりあえず次の仕事を探し始めています。といっても、もうすぐ天命を知るっちゅ〜ようなトシで…

久しぶりに戻ってきました

一年近くブログを放置していました。この間はSNS、ツイッターやフェイスブックに浸っていたんですけど、何となく違和感を覚え始めたのでまたこちらにも出没してみようかと。 ツイッターやフェイスブックの何が面白かったかって、もう方々でさんざん言われ尽…

中国語でしゃべらナイト。

昨晩何気なく見たNHKの『英語でしゃべらナイト』では、以前番組に登場したビジネスマンのみなさんが英語での交渉術を実践で学ぶという企画をやっていました。 http://www.nhk.or.jp/night/archives.html#lnkthisweek 日常的に英語を使ってお仕事をされている…

駐日大使の日本語

先日OJTへ行ってきた生徒に「どうだった?」と感想を聞くと、「程永華さんの日本語がハンパじゃなかった」との答えでした。程永華氏は、現任の中華人民共和国駐日本特命全権大使です。 生徒いわく、「敬語などをキッチリ使いこなしているのもさることながら…

絵を見て話す

ココネのようにフラッシュを駆使した映像にはとてもおよびませんが、授業ではよくイラストや写真を使っています。眼にしたものをそのまま中国語で言う、という練習です。 日本人の中国語学習者はとかく文字に頼りがちで、文字さえ見ることができてそれを音読…

ココネ

ここ数年、さまざまな語学学習ポータルが登場していますが、この「ココネ(cocone)」というウェブサイトはなかなかおもしろいです。 http://www.cocone.jp/ ゲームで学ぶという部分はちょっと遊びの要素が強すぎて、語学トレーニングとしてはものたりない感じ…

メディアマーカー

佐々木俊尚さん(@sasakitoshinao)の『仕事するのにオフィスはいらない*1』で紹介されていた蔵書管理クラウドの「メディアマーカー」がすばらしいです。 書籍を、主にアマゾンの書籍データベースを使って登録していくだけなんですけど、自分の蔵書管理だけじ…

科幻通訳

先日、日本SF大会がらみで中国の作家と評論家のプレゼンを通訳する仕事があったのですが、すごく楽しい仕事でした。 お二人とも若くて、いわゆる「80後」の世代ですね。SFはもちろんFT*1やミステリーやホラーなどなどが大好きで、マンガやアニメに囲まれて育…

通訳スクール

昨日は今期の最終授業日でした。訓練の総集編として、実際に講演者をお招きしてしゃべってもらい、それを生徒が同時通訳・逐次通訳するというもの。まさに本番さながらで、みなさん緊張したと思います。 が、本番に強いタイプの人っているんですよね。普段の…

いろいろなお問い合わせ

うちの学校は私立なんですが、たぶん名前が「公的機関っぽい」からでしょう、よく中国語に関するお問い合わせ電話がかかってきます。 一番多いのはマスコミ関係、特にテレビ局や番組の制作会社さん。「○○の中国語を教えてください」というものです。もちろん…

テープ起こしソフト

音声や映像などの一次資料をとりあえずテープ起こし(すでにテープじゃなくてデジタルデータですが)するとき、WordなどのワープロソフトとWindows Media Playerなどの再生ソフトとの間をマウスで行ったり来たりするのは面倒くさいですよね。 その昔、本当に…

すっきりしすぎ

本務校では期末試験も終わり、ルーチンの授業はすべて終了しました。 あとは試験の採点や出席簿の整理を残すのみ。授業がないので、普段手をつけられずにいた資料整理やパソコンのデータ整理、新しい教材の検討などに思う存分取り組むことができます。いやも…

HSKの改変

中国語の検定試験にHSK(漢語水平考試)というのがあります。これは英語のTOEFL同様、中国の大学へ留学する時の目安となる試験ですが、それ以外に中国政府公認の検定試験ということで、中国語の語学力をはかる目安として、中検とならぶ二大検定試験になって…

お出まし

中国の習近平副主席が来日ということで、またまた右寄りな方々が街宣車を連ねてお出ましになりました。うちの学校はちょうど期末試験の最中なんですけど、あちらはそんなことにかまってはくれません。 今回は直前に小沢一郎さんの大訪中団やら、天皇との会見…

やたら詳しい

中国人留学生の授業で、このはとバスの話をしたところ、意外なところに食いついてきました。 実は今回ではなく前回のはとバスツアーに参加したときは、歌舞伎町の「ニューハーフショー」がコースに入っていたんです。まあ観光客向けですからそれほど「コア」…

はとバスツアー

先日、通訳スクールの生徒さんたちと一緒に、はとバスの中国語ツアーに参加してきました。浜松町のバスターミナルから、皇居前広場、浅草という半日だけのごくごく短いコースです。 本来は中国や台湾からの観光客が利用するツアーなんですけど、通訳ガイドさ…

Google日本語入力

Googleが日本語入力システムを開発、ということで、早速使ってみました。 http://www.google.com/intl/ja/ime/ 単語の辞書は、Webから機械的・自動的に生成することで、新語、専門用語、芸能人の名前などを網羅的に収録。 http://internet.watch.impress.co.…

教材作り

一人で通訳訓練をしていて何が一番物足りないかというと、それはリアリティだと思います。教材の棒読みに近い音声を聞いて、それを生き生きと訳出するのって、よほど演じるような気持ちがないと長続きしません。あまりにも「作り物」感が強くて、途中でなん…

文化祭

勤務先の学校で毎年恒例の文化祭、ようやく終わりました。 生徒が主体になって準備をする行事ですが、そこはそれ、私たち教師も陰になり日向になり支えるわけで……いや、疲れました。 うちの学校の文化祭は各クラスとも中国語の芝居を上演するのが伝統で、私…

夢中けって

今度は日本人学生の通訳クラス。 「○○さんは夢中けって働いています」と訳出した学生がいて、クラスのほとんどが「???」という表情をしたのですが、ひとりだけ「『夢中かえって』ですよね」と応じていました。 「夢中けって/かえって」? 調べてみると、…

まるで日本人学習者のような

中国人留学生の通訳クラス。 きみは本当に友達がいがあるよね。 ……という発言に対して、“有朋友价值”だの“值得交朋友”だのという生硬な訳が続出。 私が「“够朋友”でいいんじゃないかな」と言うと、全員「あああっ!」と我に返ってました。 ちょっとちょっと…

動詞を先に言わなきゃ

中国人留学生と初級通訳訓練をしているのですが、日本語と中国語を行ったり来たりしているうちに、中国人でも中国語の語順が怪しくなることがあります。 今日も一人の生徒が…… これからも機会があればこんな有意義な討論会を開きましょう。 ……という音声を“…

バカ言っちゃいけない

「舞台芸術カンパニー」パパ・タラフマラから、うちの学校の生徒あてに通訳者募集のお知らせが来ました。 応募資格:業務遂行に必要な北京語の語学力(中国人パフォーマーと演出家、スタッフ間のコミュニケーションサポート)を有する方。 期間:2009年10月2…