インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

2006-12-10から1日間の記事一覧

ハルキ・ムラカミと言葉の音楽

村上春樹作品の英訳者として知られる、ジェイ・ルービン氏の村上春樹論。 デビュー作『風の歌を聴け』から最近の作品まで、自ら前書きで「私は村上春樹ファンだ」という熱い気持ちをぐっと抑えて、冷静に紹介し分析する。もともと英語圏の読者向けに英語で書…

ナイス・エイジ

ナイロン100℃の公演。例によって長大な上演時間だが、シリアスとギャグが間断なく織り交ぜられ、時間の長さを感じさせないおもしろさ。 舞台装置にも音楽にも映像にも手がかかっていて、しかもそれがすごく誠実な「手作り感覚」……と言っちゃうとチープな印象…