インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

2006-05-27から1日間の記事一覧

減っているわけではなくて……

仕事先で、「中国語学校で入門クラスの生徒が減っている」という話をまた聞いた。ここも老舗の学校だ。 とはいえ北京五輪は間近に迫っているし、書店の中国語コーナーなどを見てもここ数年は以前と比べ物にならないくらい学習書の数が増えた(しかも入門書)…

まとめ気味に訳す

通訳スクールの訓練。同通訓練では殺意を覚えるほどの早口な発言者が登場して、スピードについて行けずほとんどお手上げ状態。それでもこの講演を実際の現場で聞きつつ、通訳者のデリバリーも聞いていたというクラスメートの一人によると、当日同通を担当し…

伝書鳩―もうひとつのIT

北京を舞台にした映画、例えば『覇王別姫(さらば我が愛)』とか『民警故事(スケッチ・オブ・Peking)』などを見ていると、街の雑踏にまぎれて時折「ひょよよよよ〜ん」とか「ぎょよよよよ〜ん」などといった感じの、少々悲しげな音が聞こえてくる。昔から…